FC2ブログ

毎月18日だけ開く『砂場観世音子授子安観音』にお礼参りに行った話

先月の話ですが、早く書かないと今月の18日もすぐ来てしまいますね…。
前回は千葉県香取市にある砂場観音に子授け祈願に行った経緯を書きました。

ここの観音様はよく考えてみると、結構細かい決まりごとが多いのがかなり特徴的。
子授けのご祈祷には事前に知っておいた方がいい事が多いので、それは最後にまとめてみようかと思います。

さて、今回はお礼参りに行った時のことを書きます。
子授けのご祈祷を受けられると、8割の方が子供を授かることができる、と言われている砂場観音ですが…。祈願に行った方の話はネットでも沢山見ることができるのですが、お礼参りに行った方の話はあまり見ないような…。8割という根拠はどこから来ているのか…?とか思いながら、ご祈祷に行かれる方が多いのではないかと思います。実際、私も何の根拠もなく、なんか他とは違っているので、効き目がありそうな…という感じで行ってみたひとりです。ご祈祷後のそれぞれの方たちの結果はどうだったんだろう…と気になるところですが、今回お礼参りに行ってみると、8割というのも本当なのかなという気がしてきました。

前回、ご祈祷に行った時にはご祈祷後には「寄り道をしてはいけない」というルールがあったので、結局、香取市周辺はどんなところなのかも知らずに、直行直帰してしまいました。なので、お礼参りは前日から近くの茨城県潮来に宿泊しました。潮来から香取市までは、車で30分もかからない距離で香取市内より潮来の方が宿泊施設が充実しているそうです。

そして、私達が行ったテレビ放送後の大混乱の時期以降、砂場観音には前日からご祈祷申し込みの用紙が置かれるようになったそうで、今では用紙を取りに行くと受付の順番が分かるようになっています。私たちは今回、お礼参りに伺うのも凄く混んでいたら大変なので、一応、前日に受付の用紙を貰いに行ってみました。その時、用紙はご祈祷の受付だけなのかと思って、用紙が入っている引出が3段あったので全ての段を見てみると、一番下にはちゃんとお礼参り用の用紙が入っていました。ご祈祷の申込用紙は次が7番目だったので、台風の移動日で雨が結構降っている中でも、前日からご祈祷の申込み用紙を取りに来ていた方達がいるのが分かりました。

私はお礼参りの用紙を取ってから、潮来のホテルへ向かいました。宿に着いてから用紙を記入。項目は前回ご祈祷を受けた年月、夫婦の名前、子供の名前と性別と誕生日となっていました。お礼参りには受付の順番などはなく、行った時にご祈祷の合間に案内されるようになっているようです。

お礼参り当日には、お礼参りの用紙のほかに、御礼と書かれているのし袋に自分たちの気持ちのお金を入れて持っていきました。あと頂いて家に貼ってあったお札とお守りも袋に入れて、一緒にお返ししてきました。お札とお守りは別の神社やお寺に持って行っても、お焚き上げはしてもらえると思うのですが、今回は貰った神社に返せるのが一番いいだろうと思い持参しました。

当日は10時台に行ったのですが、既に10組ほどご祈祷されているようでした。着いた時にご祈祷が終わった方がいて「次10番ですよ。」と言われました。公民館の待合の部屋に入ろうとすると、ご祈祷の受付をする男性がちょうどいて、そのままお堂へ案内されました。後から考えると、待合の畳の部屋には子授け祈願する方が待っているので、子連れの家族とはなるべく会わせないようになっているような気がしました。

御堂の入口でお礼参りの用紙と御礼ののし袋、返すお札とお守りを渡して、中に入りました。お堂の中にはご祈祷当時にいらしたお婆さん達が健在で、座っていました。状況が分からない娘ちゃんはビックリしたようで、御堂の入口で泣き出しました…。お堂の中に入ると、観音様の横に案内されお線香をあげました。先に私と娘、後に夫の順番にお礼参りしました。その後、お婆さんたちに娘の顔を見てもらい、恐らく一番混んでいた時期にご祈祷してもらい、その1年ちょっと後に授かったことを報告しました。娘が2歳直前なので、お礼参りに来るまで少し時間がかかったのですが…、「よかったわね~、ちゃんと授かって。」と喜んでもらえました。受付役のおじいさんも以前と同じ方で「お礼参りの後は1月と8月には大祭があって、子供が7歳になるまで成長祈願やっているので、また来てね。」と言われました。砂場観音は伺った後の大祭の前にはお知らせのハガキが来るようになっています。来年1月の前には成長祈願の案内を送ってもらえるようです。

さて、長い間毎月気になっていたお礼参り、ようやく行くことができました。帰路につく際には、赤ちゃんを抱っこしている夫婦がお堂に向かうのとすれ違いました。お礼参りも用紙に記入して受付されているので、「8割の方が授かる」という根拠はその記録から導きだされているのではないかと思いました。ご祈祷に訪れた2割くらいの方は授からなかったか、遠方でお礼参りに来られない、などなのかも知れません。

2013年11月以降、1年くらいは混雑していたようですが、2017年9月は台風の影響もあったのか、午前中に10組程度がご祈祷を受けているくらいに落ち着いていました。

周辺はとてものんびりしたのどかな風景の場所なので、気持ちをゆったりと落ち着ける為にも前日に潮来あたりに宿泊して、湖近くの水郷の町や小江戸の町並みを観光するなどがお勧めです。私は周辺にはまだまだ見てみたい観光スポットがあるので、また子供を連れて成長祈願に訪れたいと思っています。

次回は、ご祈祷の時に知っておくといい情報と、お礼参りの時に知っておくといい情報をまとめておきたいと思います。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する