FC2ブログ

クリスマス発表会って?!

IMG_20171203_105511.jpg

週末は保育園でのクリスマス発表会がありました。
子供達が歌などを披露するとは聞いていたのですが、0歳児クラスからお揃いの衣装を着て、舞台に立つというものでした。
娘ちゃんの1歳児クラスでは、『だるまさんと』という絵本に合わせた劇ごっこと、鈴を振りながら『キラキラ星』と『オモチャのチャチャチャ』を唄うという内容でした。

発表会の日まで2週間以上、随分と練習をしていたようですが…。天気のいい日に散歩にも行かずに、そんなに練習してまでやるべきものなのかぁという印象。それは誰の為?という疑問も…。音楽や楽器、友達と歌う事の楽しさなどを教えてもらえるのはいいのですが、本人達が楽しいと感じているかは疑問な…。親兄弟がカメラを構える前で、歌うという事に戸惑いを隠せない、子供達がいたように見えました。普段のクラスで見る笑顔もなくなり、顔がこわばってしまっていた子、あきらかに恐怖を感じて終始号泣してしまった子もいたので、まだ強制的に舞台に立たせるのは早いような気がしました。クリスマス発表会が、恐怖を感じる嫌な思い出にならないような内容にしてもらえたらなぁと思ったりしました。娘ちゃんは結局、家では大声て歌を練習していたのに、本番は目の前の観客にビックリして、口はあきっぱなしでした…。

保育園でのリトミックの授業を見学したことがありますが、子供達がイキイキと一斉に同じ動作をする場面があり、そういったイキイキとした姿が見られるのが親は嬉しいのではないかと思います。意味が分からずにお揃いの衣装を着せられ、舞台に立たされるのは人形のような扱いというか、大人の側の自己満足のような違和感を感じたのでした…。

園児親子が集まる貴重な機会なので、親も一緒に歌を唄うとか、子供達が自然に自分が参加して楽しいと思える内容だといいなぁ…と思ったのでした。

お揃いの衣装は先生方が縫って下さったようで、歌なども上手にできるようにかなりの時間かけて練習していたり、ご苦労な事だなぁと思うのですが…。情熱や力を注ぐことは他にあるような気も…。

写真は毎年実家マンションのロビーに置かれるツリー。カワイイ玄関リースを飾っている家が多いので、自分の家にはあまり飾りがなくても、人の家の飾りを見て十分楽しんでいる娘ちゃんなのでした。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply