FC2ブログ

お仕事体験記:すまいる住新様【所沢不動産情報WEB】生活Blog記事ライター

●必要となったスキル
コンテンツ企画(子育てに関連する生活の工夫)、写真撮影、体験レポートライティング

●期間・回数
2016年12月~ 
月平均3記事、年間約40記事執筆


◆家事や育児など、暮らしの工夫を活かせる仕事

1_IMG_0706.jpg

子供が1歳になり保育園の申込みを済ませ、春以降は在宅ワークを増やそうと考えていた頃、出産前に4年近くお仕事を頂いていた会社で、暮らしの工夫をBlog記事に書く仕事を募集しているのを見つけました。産休に入る直前まで全く別のお仕事を頂いていたのですが、短納期の業務だったので、出産後は復帰のご連絡をできずにいたところでした。育児中は書く仕事を何件か受けていたので、Blogを書くお仕事であればもう少し増やすことができそうだと思い、応募してみました。

この時、暮らしの工夫として真っ先に思いついたのは、子育てに関連した日々の工夫でした。家事や育児は一見生産性がないように思われがちですが、最近では暮らしの工夫に関する情報サイトが沢山溢れていて、日々工夫している内容を記事に書くことがお仕事に繋がることがあります。毎日行う家事や育児がお仕事になるのなら、そんなありがたいことはありません。この時の私には夢のようなお仕事に思えました。


◆内容も納期も自分で決められるから無理なく続けられる

2_IMG_20180521_090211.jpg

育児がはじまると、子供の成長に合わせて考えなくてはならない事が山積みで、休むことなく次々に宿題が出されるような感覚があります。このお仕事では内容も納期も自分で決めることができるので、その時々で行った子育てに関連する工夫を記事にしていくことにしました。それでも、記事にする内容を考えて写真を撮影したり、ずっと書き続けられるかは未知なので、最初は2週間に1記事くらいのペースで書ければと考えていました。

とりあえず、書きたいテーマを箇条書きに出して、書けるタイミングになったら撮影して書く、というように作業をすることにしました。テーマを決めても、なかなか撮影ができなかったり、文章が書けなかったりということもあるので、いくつかの記事内容を企画しながら、できた記事から納品していくようにしています。自分で内容も納期も自由に決められるのがとてもありがたく、もし書くテーマや順番を先に決める必要があったら、続けるのは難しくなるだろうと感じました。

3_IMG_4084.jpg


◆日記や成長記録、暮らしの参考書になる可能性

自分が20歳になるまでの日々を思い返すと、家での出来事よりも学校や外で起きた事の方がよく覚えている印象があります。親子で過ごした日々の事は、いい事より悪いことの方が良く覚えているような気もします。30代半ばで結婚するまで実家暮らしをしていたのに、母が行ってきた日々の暮らしの工夫を考えたことなど、ほとんどありませんでした。

学校では勉強は色々教えてもらえたと思うのですが、大人になってからの暮らしの中で起きる家事や育児や様々なことは実は誰も教えてくれない、というのに気が付いたのはつい最近の事です。家を出てから、実家で暮らしていた頃の快適さを自分で作ってみようとすると、あれもこれも両親はどうしていたんだろう?と思う事が沢山出てきました。

日々の暮らしが日記にでも記録されていればいいのですが、目の前の家事や育児に追われていると、ちょっとした日記でさえも続かない可能性が大きいことは今になって理解できるようになりました。
でも私の場合、やっぱり自分のやっている事は少しでも記録して、何かの形で残したいと思ってしまいます。

4_IMG_4157.jpg

この暮らしの工夫を記事にするお仕事で、それが不定期であれ日記のようになり、育児の記録にもなり、どこかで誰かの参考になったり、いずれは娘に持たせる暮らしの工夫の参考書になる可能性もあるなと考えています。

このお仕事での記事の下書きは、プリントアウトしてファイリングするようにしています。このファイルはいずれ、娘に持たせようと思っています。そうすることで、恐らく娘が大人になってから私が教えられないであろう、暮らしの工夫のあれこれを娘にはこれを読んで知ってもらえたらと思っています。自分が幼い頃にどうやって育ってきたのか、親はどんな工夫をしてきたのか、どんな風に親になっていったのか、少しでも参考にしてもらえればと思います。

40代前半での高齢出産ということもあり、子供と一緒に過ごせる時間は他の親より少ない可能性があると思いながら子育てをしています。娘が子育てをする頃には、何も教えてあげられない可能性が大いにあるので、このお仕事を通して、母はこんな工夫をして暮らしていたというのを伝えられたらと思っています。

個人のBlogを書くことは、もう10数年続けているので、例えこのお仕事が終わってしまっても、暮らしの工夫を記事にすることは続けていくだろうと思います。娘に伝えたい内容はファイリングして、いつか読んでもらえるようにしておこうと思っています。

自分の暮らしを工夫する事が仕事に繋がるという事は、家事や育児や家庭菜園など毎日の繰り返しを続けるモチベーションを凄くアップしてくれています。このお仕事の機会を頂いた、すまいる住新様にはとても感謝しています。
40代になって思うのは、人生は毎日が自由研究のようなもので、何をやるのもやらないのも個人の自由だという事。消えてしまう毎日の記憶を少し記録してみることで、自分の周りの人や知らない誰かの役に立つというのは、いつの時代も先人達がやってきたことだと思います。
今は毎日一生懸命暮らすことが、私の仕事だと思って日々を過ごしています。子育てが終わった頃に、自分で読み返してみるのも面白そうな気がしています。何気なく続けて来たBlogを書くという趣味だったことが、生活Blogを書くというお仕事に恵まれて、自分の好きなことを考え進めることで報酬を頂くことができ、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

娘には会社にお勤めする以外の働き方もあるんだよ、ということを記録に残して教えられたらと思っています。



【サイト情報】
株式会社 すまいる住新
所沢不動産情報WEB



スポンサーサイト
Comment (-)