FC2ブログ

【送迎時間が通勤時間】

IMG_20200825_083827.jpg

幼稚園の夏休みが終わり、二学期がスタートしたのですが…。
夏の預かり保育の緩さから一変して、制服登園やこれまでより多くの集団の中で過ごす事に、何か疑問を持ち始めた娘ちゃん。園の門の前に来ると、『帰りたい!』とダダをこねる日が週に数回あるようになってきました…。昨日は門の前に担任の先生が迎えに来てくれて、号泣して暴れる娘ちゃんを何とかうまく教室へ連れて行ってくれました。

コロナ禍の中、7月からは門の前で引き渡しになったので、保護者はほとんど園に入る事がなくなりました。門の前は母子分離の分断をすごく感じる場所になっている可能性があります。門を通り抜けて、一旦教室まで行けば、友達や先生が沢山いると何事もなかったように、普通に遊び始めているらしいです。

さて、6月からの登園は何だかんだほぼ車で行くようになりました。雨風や気温に左右されず、車の中にいる時間で、『今日は何をする日か?』『何をしてきたのか?』など、園での事を中心に子供と話す時間となっています。保育園に自転車で登園していた頃は、前で喋っても、後ろのチャイルドシートには声が届きにくく、あまり会話できない送迎時間でした。車で登園できる園に通うようになって、駐車場との行き来で子供と手を繋いで歩く時間、車の中で会話する時間はとても増えて、いい時間を過ごせている気がしています。

そして、園に送り届けてひとりになってからは、在宅ワークをする為に車で自宅へ戻るのですが、これまで通勤時間がなかった分、車で家に戻る15分程度の時間が私の通勤時間となっています。その時、車の中で聞いているのが、東京FMの『One Morning』という、様々なビジネスを話題にする番組。朝8時台の通勤する人達に向けての番組と思われ、様々な経営者の方がゲストに登場したり、聞いてるだけで情報収集のいい時間となっています。この時間帯にラジオを聴く機会がなかったので、車送迎をするようになり、私にとっては通勤時間にもなっていて、家に戻った際には仕事場に出勤した気分で仕事をはじめられる、良い切り替えの時間となっています。

これまで三年間、自転車で保育園の送迎を往復していた時と、体力の使い方や疲れ具合も全然違うので、車登園できる園に通い始めたのは、私にとっては大きなメリットを手に入れたと思えます。それから、コロナの影響もあり、自家用車の登園で人との接触を減らし、感染リスクを少しでも避けるメリットも感じています。

さて、娘ちゃんは、自然たっぷりの園内で、夏や秋の実りの季節を満喫している様子。8月は園で栽培していたスイカを何度も食べ、スイカ割り(割ったふりで)や種飛ばしを楽しんだようです。9月からは園所有の畑へお散歩(大根の種を植えたようです)をしたり、コロナ禍の中、外の開放的な場所で密にならないような楽しみ方を模索してくれている幼稚園です。

9月から年末までは一年の中でも忙しさを感じる時期なので、母子分離の時間内に、集中的に仕事に力を注げたらと思っています。

スポンサーサイト



Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2020-10-11 (Sun) 18:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply